こんにちは!飯能駅前接骨院より、本田です。
今回は『お尻が痛い坐骨神経痛とは。治療方法と日常生活で気を付ける事。』についてお話していきます!

まず坐骨神経痛とは、お尻から脚にかけての痛みや痺れが出ているもののことを言います。
名前だけなら聞いた事はあるという方も少なくは無いと思いますが、実際にどんなものなのかは分からない・そもそも坐骨神経とは何なのか?という方がほとんどだと思います。
今回はそんな坐骨神経痛のことを書いていきます。

『坐骨神経痛とは』

まず、坐骨神経とは簡単に言うと腰の辺りから足まで続いている神経のことです。
この神経が足の1部の筋肉を動かしたり、痛みなど感覚を司ったりしています。
これらが何らかの原因で圧迫されたりすることにより、神経が刺激されてビリビリ痺れる感じや痛みが出たりします。
原因は様々ですが、代表的なもので言えば「腰椎椎間板ヘルニア」や「腰部脊柱管狭窄症」などが挙げられます。

例えば腰椎椎間板ヘルニアは、背骨に起きる疾患ですが背骨は小さな骨がいくつも積み重なって構成されています。
この1つ1つの骨と骨の間には「椎間板」と呼ばれるクッションの働きをするものが存在します。
このクッションが飛び出したり、はみ出したりしてしまったものがヘルニアです。はみ出たクッションが背骨の横を通っている神経を圧迫し、結果、坐骨神経痛を引き起こすといった流れになります。
では、こういったものをどうやって気をつけていくか、治療はどうすれば良いのでしょうか?

『治療方法・日常生活で気を付けること。』

まず治療方法として、痛みを和らげる為に血行を良くする必要があります。
飯能駅前接骨院では、主に手技や温熱療法などで温めたりして、血流の促進を促します。
また患部や骨盤などを引っ張り、クッションの役割をしている椎間板にかかる圧力を軽減したりもします。

日常生活で気をつけることとして、上記で挙げた坐骨神経痛を引き起こすヘルニアなどは、前かがみの姿勢が長時間続いたり重いものを急に持ち上げたりすると発症しやすくなります。
ですので、なるべく前かがみの姿勢が長く続かない様に姿勢を良くしたり、何か物を持ち上げたりする時は急にでは無く、ゆっくり持ち上げることを心掛けていきましょう!

治療のご相談はお気軽に、飯能駅前接骨院までご連絡ください。